コウロカンDiary

音楽いっぱいのワインバー鴻臚館。オーナーの日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
世界のワイン

ロマネ・コンティ(3)

この畑は、
ポンパドール夫人も欲しがっていたそうで、さぞ、悔しかったでしょうコンティ公が、ロマネの畑を買い取ると、そのワインは、『伝説』なり始めました。首都で最も名高い、音楽家に年金を与えて、いつでも自分の為のコンサートをしました。美術品も最高の物を集めました

独り言
何でも最高の物が良いのでしょうか
~続~

四方山話

昨日、貴志康一(検索)のお母さんの実家、吹田市にある、旧西尾家住宅・仙洞御料庄屋(重要文化財)の 見学をしました。ボランティアの方が、一時間に渡って、案内して下さいました。感謝m(_ _)m
1400坪の敷地にゎ延床面積、198、6坪。

数寄屋風主屋、茶室 、客間は、三段階、日本文化の優れた建築、主屋は、400年前、旧住宅は、100年前に建てられました。

大座敷は、150人入り、広縁にある、カットガラスの戸から、陽が射すと、虹色の光が廊下に写ります。

貴志康一が、産まれた部屋。

離れの設計は、大阪の有名な橋などを設計した、あの、
武田五一(関西建築会の父・検索)が手がけました。凄い人です。関西電力、京都市役所、桜宮橋、淀屋橋、高麗橋、などなど。♪~θ(^0^ )

洋風の応接間の窓に、アール・ヌーボー風のステンドグラス、黒い革張りの椅子に、座ったら、吸い込まれるようでした。

茶室が、五ヶ所の茶室が有りました。
薮内流の家元から許された、燕庵、雲脚席(うんきゃくの席)名席、積翆庵などが有ります。

離れの玄関に、待合席が有り、座席が、木を寄せて作ってあり、お尻が当たる面が少なく、昨日のように寒い日は、冷たさを感じず(これは、私が感じた事)、 座って、目を上げると正面に大きな円窓が有り、目を楽しませてくれます。来客に対する心使いを感じました。

庭園には、石が、三方から、敷いて有り、中央は、大きな石が有り、三方から来た人が、ぶつからないようにの気配り。

大きな庭石・石垣は、京都の山を一山買い、掘り出した物。

庭の石灯篭は、京都の各有名寺の物と同じ。

百聞は一見にしかず、どうぞ、見学にいらして下さい(無料ですよ、いいのかな~?)
ガイド、ボランティアの方に、申し訳なく、次回は、お土産持って来ますと言ったら、はい、お願いしますと言われました((笑))、ご高齢のご婦人で、ゆっくりとした口調で、とても解りすい説明でした。あのカットガラスからの陽を、再度、見たいので、また、行きます(o^∀^o)

週末、お疲れも、一入、頑張って下さい m(_ _)m
若名紀
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

コウロカン
  • Author: コウロカン

Search

Calendar

06 « 2017/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。