コウロカンDiary

音楽いっぱいのワインバー鴻臚館。オーナーの日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
世界のワイン

ご要望にお答えしまして、これから、皆様が、『ソんなん・ムリエ』になれるよう、少しずつ、ワインの勉強をして行きたいと思います。
酒と薔薇の日々の歌詞に、酒は、ワインとなっています。やはり、あちらでの酒の表現は、ワインなのですね。

世界で一番栽培されているフルーツは、葡萄、ナポレオンが、遠征した地に、葡萄の苗木を植えたとか。ワインは、樽で発酵された後、瓶の中で熟成します。保存の仕方で変わって行きます。良くも悪くもなるのです。 何事も育てるとは難しいものですね。

コルクを抜く、封を開ける、何年待てば、素敵な出逢いがあるのかしらその時が来たら、お気に入りのソムリエナイフで開けましょう(^o^)/摩訶不思議な飲み物です。

葡萄栽培に重要なテロワール(土壌)=ワイン
フランスの歴史上の有名なワイン好きをうならせた、プルゴーニュの【ロマネ・コンテ】のテロワール。世界で最も古いジュラ紀の(1億9000万年前・ジュラ山脈あたり・恐竜時代)土壌が、この辺りに有るようです。

キリストが、こよなく愛したワイン、葡萄が、人の手により栽培され、テロワールを生かしたのです。修道士の修行の一つに、厳しい葡萄作りが有ったそうです。

基本10品種の内の5品種のご紹介

ピノ・ノアール(知性より感性に強く訴える魅惑的な葡萄) カベルネ・ソーヴィニヨン(世界の各地で栽培されている赤ワインの品種の王様)
メルロ(80年代から脚光を浴び始めカベルネの偉大な相棒)
シラー(新世界の共通点はパワフル&スパイシー)

カベルネ・フラン (栽培が容易なカベルネ・ソーヴィニヨンの親)
残りは次回に(*^_^*)
本当に、葡萄は、不思議で、愛が有り、夢が有り、楽しみが有り、冒険が有り、品が有り、醜いアヒル子が、ピッタリで、人間を最高に、悩ませ幸せにしてくれるフルーツです。
~ 続く~

今日、ユネスコ第一回世界無形遺産(能楽)能楽特別公演を見て来ました。

【竹生島】【三井寺】【狂言・二千石】 【善界】開演~5時間。
また、詳しいお話は次回に。やはり、世界遺産です。日本のオペラですね(*^_^*)
それでは、良い休日を~♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪(^O^)/~~ see you !
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

コウロカン
  • Author: コウロカン

Search

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。