コウロカンDiary

音楽いっぱいのワインバー鴻臚館。オーナーの日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
世界のワイン

ロマコンから脱線して、昨夜、越後屋(お客様の徒名)が、カロン・セギュールの2000(スーパーヴィンテージ)を持ち込み(OK)

カロン大好き、私の目は、倍の大きさに。状態も良く、越後屋でかした 価格の安さにしても、ラトゥールより評価したいです。

セギュール伯爵、ラフィット、ラトゥールなど超一流の畑を持っていても、『我が心カロンに有り』と言ったのが良く解ります。

ロバート・パーカーとやっと意見が一致しました

11年熟成しています(ボルドーは、10~15年)

ロウソクの炎に、グラスを傾けると、熟成した独特の赤褐色。香りは、浅い土とトロピカルフルーツの香り、少ないタンニンと優しい味わい、やはり、ワインは世界のお酒ですね~

どんなできの良いワインでも、職人さんが力込めて作っても、保存熟成状態が悪いとダメです。

一度でも、本当のワインの美味しさに巡り会えば、虜になるのは間違いないですね。

輸入される段階、店頭に入るまで入った後、ここが危険。

やはり、空輸、届いてすぐ、個人のセラーで熟成させるのが一番です。

家の中で、その辺でゴロゴロは、すでに、料理酒行きです。
ワインが言ってます。『私は、こんなに美味しいのに』無駄のないように、試飲しましょうm(_ _)m ~続~

四方山話

6月26日(日)当ビル(トヤマビル10F)で、『小鼓と謡の会』が有ります 。
毎日新聞に、掲載して頂くべく、記者さんが来て下さり、小鼓(大倉流)清水先生に、いろいろお話頂きました。

能楽の世界は、奥が深いと改めて感じましす。

お稽古して20年の お弟子さん(女性)に教えて頂いた事も『へ~は~』発見、これから益々、知らない世界を知ることができると思うと、人間で良かったと思います。

お話変わりまして、大阪市立美術館で、没後150年、歌川国芳展が開催されています。
是非、行って下さい。
あの時代が、解るような気がします

それではまた~m(_ _)m
若名紀
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

コウロカン
  • Author: コウロカン

Search

Calendar

04 « 2011/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。